• Dog Homestay FLUFFY DOG

Dog Phytotherapy


昨日は葉山までハーブのお勉強。


先月から堂山ゆうこ先生のドッグフィトセラピーLevel.1を受けています。


昨日はLesson.3.4でした。


とてもステキで楽しい先生で、のんびりゆるゆるお勉強。

私に合ってるみたいだわ^^


毎回実習もあって、ダンディライオンミルクティー、ハーブコンプレス(温湿布)、ミックスハーブの作り方など。実習もとても楽しい!


次回はね、ヘンプオイルを使ったガーリックオイル作りだって〜♡うふふ、楽しみ!


うちのコたちはみんな生のガーリックをかじっているけれど、オイルに溶けこませた方がよりカラダに負担が少なく吸収されるのだそう。


へぇ〜そうだったのね!


そしてそして、今回先生が声を「大」にしておっしゃっていたことがありました!それは…

今の犬たちはヒト側の都合で、土や草の場所を歩いていない、お散歩していない、大地の匂いを嗅いでいない、お外に出ていない、などなど、自然の中に身を置いていない犬のカラダは極端に弱くなっているし、メンタルが不安定なコが多い。とにかく



自然界からのパワーをもらうこと。

土や草、大地の匂いを嗅がせること。

「犬としての本能レベルの欲求を満たしてあげること」


うんうん、先生!完全に同意します!

犬が犬としての本能を満たされずにいると、精神的に不安定な状態が続くことになり、少しずつカラダへの不調も生み出してしまう、それにカートやバッグに入れられている時間が長いと、ずっと揺れている状態が続くことで不安定なコが多くなるともおっしゃっていましたよ。


私もお散歩の相談を受ける時にはいつもお伝えしていることだけれど

汚れるから…お散歩に行かない、歩かせない、匂いを嗅がせない。


それって、ヒトはいいかもしれないけれど、犬はどうなの?

楽しそう?生き生きしてる?


ただただキレイな姿でつまらなそうに眠っている犬を見て幸せなのはあなたじゃないの?


犬に匂いを嗅がせたくない場所に住んでいるのなら、思う存分匂いを嗅げる場所へ行ったらいいし、つーか行ってあげましょう!


たまーにランに行くだけじゃなくて、少しだけ早起きしてのんびりお散歩に行ってあげましょう!

それくらいの時間は取ってあげなくちゃ!


いつも溢れんばかりの愛と幸せで包み込んでくれている彼らに対して申し訳ないじゃないの!


少し前にfacebookでお伝えしたスプリンクルズも集中して匂いを嗅がせることでストレスの軽減に効果があるというもので、私もステイ中のコやうちのコたちにやっています。


ヒト側からすると、ランで思いっきり走り回っている姿を見て嬉しくなり、あー犬を楽しませてあげることができた!と思いがち。


逆にうちのコはランへ行ってもくんくん匂いを嗅いでいるだけだし、むむむ、きっと楽しくないのね、とか。


でも、日々のお散歩の中で季節を感じ、様々な匂いを運ぶ風を受け、大地を踏みしめ、匂いを嗅ぐことの大切さ。


自分勝手な私たち人間は、この犬の本能を満たしてあげることの大切さになかなか気がつくことができないみたい。。


でもきっと、犬を大切に想う気持ち、いつまでも一緒にいて欲しい、長生きして欲しい、そう願うのはみんな同じだろうから。

もっと犬の本能を満たしてあげる努力をしよう!犬を犬として尊重してあげよう!


ただただ横に連れて歩きたいだけならロボットでもいいんだもの。

ロボットならコントロールできずにチョークで首を締め付けても痛みを感じることも哀しい気持ちになることもなく、ただダメになった部品を交換すればいいだけだし、簡単!


でも、あなたは犬と暮らしたいし、暮らしているのだから、絶対に忘れないで欲しいこと。

あなたの横にいるカワイコさんは、楽しい嬉しい哀しい、全ての感情を共有することの出来る素晴らしい生き物だということ。


そしていつもとてもやさしくあなたを包み込んでくれているということ。

様々なことをあなたのために我慢してくれているということ。


ぜひ今の生活を振り返り、ちょっとずつでも犬を犬として尊重し、犬の行動ニーズを満たしてあげる努力をはじめてみませんか^^


ダイスキなひとと過ごすこと

美味しいゴハンをもらうこと

ふわふわのベッド

季節の訪れを

カラダいっぱいに感じられるお散歩

FLUFFY DOGでは

彼らにとっての楽しみや幸せを

一番に考えます​。

犬専門のペットホテルです。

​いぬのホームステイ

Dog Homestay FLUFFY DOG

神奈川県足柄上郡

松田町松田惣領154-4

090-8454-7997 

pon@fdog.jp

OPEN - 10am - 19pm   

不定休

© 2007 fdog.jp